FC2ブログ
| Main | All |
雪の銀閣寺
s雪の銀閣寺彩完
 銀閣寺はやはり良い。幾度か尋ねたが、ある日真夏の早朝に着いて、何も知らずそのまま入ってしまった。もちろん観光客も居ない。静かで冷ややかな空気が流れていた。裏山というのか、正面の丘と言うのか、山の散策路に沿って、銀閣寺を見下ろして、深呼吸をすると、一変に室町の騒乱から逃れた気がする。室町時代は、日本の歴史上最大の進歩と変革をもたらした。その生みの苦しみと言うのか、技術革新に伴う富の集積が進み、各地に戦乱が起き、この東山のふもとにまで迫っていた。こんな事を背に考えながら、池の縁に佇み、銀閣寺の静かな姿を観て、自分を振り返るのも良いだろう。
 若いときはそれほど好きではなかったが、京都はどこに行っても、そんな歴史の雰囲気を感じさせる。
 雪景色は、いかに描かないか,紙の白地を残しながら、我慢して描く事に尽きる。雪の白にも、場所と時間によって色がつくことを知る。深々とした音が聞こえれば成功である。
 F4,ホワイトワトソン。
ペン画日本 | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |