fc2ブログ
| Main | All |
嵯峨野・つたや
s嵯峨鳥居本つたや
 京都・嵯峨野鳥居本・つたや。愛宕神社の参道入口にあるお休処。この隣奥に同じような平野屋が建っている。嵯峨野は平安京が出来る以前から、農業や川魚の漁業などで開けていたという。平安貴族の別荘も、京都盆地の夏の蒸れるような暑さから逃れるために、数多く建てられていた。そのためか、このあたりは歴史的文化遺産として貴重なところである。江戸時代では、愛宕神社の参拝客と庶民の避暑を兼ねた行楽客を目当てに、商店や茶屋などの町家と農家の住宅が建てられて、より一層にぎやかになった。F4,
ペン画日本 | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |