fc2ブログ
| Main | All |
09昭和記念公園の老木
ss09a昭和記念公園の老木
 この寒さの12月に桜の話はないだろうが、小春日の日向を思い出してご覧ください。
  春、晴れ。久々の屋外スケッチで張り切って行く。あまりにも気分が良いのか、描き初めに、イーゼルを立て、イスに座り、納豆海苔巻きをつまみに、戦いの前にワンカップ。鉛筆下絵を描き終えて,下塗してから乾き待ちで、売店に行き、黒焼きそばと生ビールで一休み。気分よく、老木を逆光で描く。そして完成?には缶ビール。天気が良いと、やはり花より、ダンゴ(と酒)だ(どうもこの公園はこのような設備が良すぎる)。のどかで心地よい1日を過ごす。

ss09b昭和記念公園の老木


 桜の古木のごつごつとした、風雪に耐えた姿は見飽きない。その荒肌に守られるかのように、小さな紫の花が足元に咲いている、こんな神々しい風情は見飽きない。近くの女性に聴くと、大根の花だと言う。スケッチは細部が甘くなるが、大切なのは空気感に尽きる。          F6ホワイトワトソン。水彩スケッチ。
風景を描く100の物語 | comment 0 | trackback 0 Top ↑

Comment

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |