fc2ブログ
Prev | Main | All | Next
大阪府長谷の棚田
大阪府長谷の棚田
 大阪府豊能郡能勢町 長谷の棚田。大阪都心から車で1時間余と言う割には、近くに鉄道の駅はない。バスで降りて徒歩40分ほどにある。小さな山に囲まれた盆地でも、棚田は200ほどもあるという。茅葺の屋根がなんとも美しい風景である。これだけの風景を残すには、常日頃からの手入れが無いと保つのは難しいのでしょう。田植えの終わったころの早朝の景色を見に、多くの観光客が近くの旅館に泊まったり、バスを連ねて訪れるという。
大阪ではもう一つ、鎌倉時代から続く、下赤坂の棚田も有名です。   
                            F4 ウォターフォード
スケッチ | comment 0 | trackback 0 Top ↑
新潟県星峠の棚田
新潟県星峠の棚田
 新潟県十日町市は米どころとして有名です。周囲には多くの棚田が散在し、その中でも大きいのが、松代棚田群のこの星峠の棚田です。水田約200枚がまるで魚の鱗のように斜面に下り広がり、田植え前の水田は水鏡のように空を映し込みます。昼間も良し、夕日も良し、秋には稲穂が黄金のきらめきのように輝いています。稲刈りが終わり、雪が降り始める冬の季節も、この水鏡は一段と冴えるそうです。なお、クマが出没するのと、無断で田に入り荒らす人が絶えないとの事。良いものは大切にしたいものです。
                            F4、ホワイトワトソン

スケッチ | comment 0 | trackback 0 Top ↑
今年の桜3/3
東叡山寛永寺清水堂桜ss
東叡山寛永寺清水堂桜。子供のころから遊び場であった”上野の御山”寛永寺の清水堂の舞台を見上げたアングル。京都の清水寺の舞台を模したもの。前面の不忍池が琵琶湖にあたり、正面の弁天島が竹生島になる。まあ、風景遊びの世界なのだろう。
どうもこのところ、ご存知のウクライナ情報が気になって、思うように絵が描けない。大国の横暴の理屈と言うのは、大昔から変わらない。もう忘れているだろうが、日本も歴史的につい先日まで、”〇〇は我が国の生命線”と言って、帝国病に酔ってた時期もあった。大国心理というものはそれほどありがたい物ののだろう。非力で貧乏人の私には理解できないが、我利我欲というのは身近でもよく見かける。可哀そうに、空虚な、自分のない貧しい人たちだ。
ただ争いで美しい風景を壊さないでください。こんな願いで戦争のTVを見ている。・・・・・・・一息休んで、さあ~絵を描こう。
スケッチ | comment 0 | trackback 0 Top ↑
弘法寺伏姫桜
弘法寺伏姫桜彩完ss
市川 国府台 弘法寺の伏姫桜。
枝垂れ桜を追ってこの市川にたどり着きました。台風で1/3ほど失われていても、益々元気で花を咲かしている古老の桜です。
市川の液から歩いて30分のところ。後北条と房総の里見氏との最後の戦場になった、国府台台地の南端にある弘法寺の伏姫桜です。
今年の桜シリーズは後1枚です。
スケッチ | comment 0 | trackback 0 Top ↑
今年の桜1/3
猿江公園枝垂れ桜ss
猿江公園枝垂れ桜。江東区の猿江公園の若い枝垂れ桜です。なんだかこの可愛げな枝垂れ桜が好きで、何回かの花見ではいつも散った姿しか見ていなかった。どうも気になって居たら、近くに住む人から報告を受けた。丁度桜も満開、気持ちよく鑑賞できた。もうちょっと花が多い気がするが、まだ満開の一歩てまいというところだったのだろう。A4.
スケッチ | comment 0 | trackback 0 Top ↑
Prev | Main | All | Next